収入以外でのモビットの3つの審査基準

消費者金融は審査が可決されないとお金を借りる事ができませんが、業者によって審査基準が異なってくるので申し込みをする業者の審査基準をしっかり把握しておく必要があります。審査基準が基本的に収入になりますが、それ以外にも基準になる点があります。そこで今回は大手の消費者金融のモビットの収入以外での審査基準を見ていく事にしましょう。

・勤続年数が長い方が有利になる

モビットの審査では収入だけでなく勤続年数をしっかり確認します。勤続年数が長い人ほど仕事をしっかりしていると判断されるので審査でも有利になります。勤続年数が長いと判断されるのは3年以上が目安になっています。勤続年数が3年以下の人でも審査に可決される事はありますが、3ヶ月未満の人は落ちてしまう可能性が高いです。

・社会保険に加入している方が有利になる

会社員の人は社会保険、自営業などは国民健康保険に加入していますが、モビットは会社員の方が収入が安定していると判断されるので社会保険に加入している人の方が審査が有利になります。国民健康保険に加入している人でも審査に可決される事はありますが、収入証明書の提出を求められる可能性があります。

・持ち家の方が有利になる

住居形態は持ち家か賃貸になりますが、賃貸は家賃を支払っているので返済能力に疑問を持たれてしまう可能性があります。それにより持ち家の方が審査が有利になります。