突然利用限度額が減ったり、カードローンの利用停止になるのか?

カードローンを契約中、ある日突然、利用限度額が減らされたり、カード自体が利用停止になったります。毎月の返済も滞りなく行っているのに対し、疑問を感じる方もいる筈です。

カードローンの利用規約には、著しく信用度が低下した場合や返済を滞った場合において、限度額の引き下げや利用停止といったことが記載されていますが、何故信用度を把握することが出来るのか、記載されているケースは非常に少なくなっています。

そもそも、消費者金融やクレジットカード会社のキャッシングの場合、貸金業法が適用されます。そして、貸金業法においては3ヶ月に一度、信用状況の確認を義務付けられており、個人信用情報の照会が実施されることとなります。

その結果、借り入れを行っている消費者金融で金融事故を起こしてなくとも、クレジットカードや他社借入で事故を発生させると信用状況が低下していることが確認されてしまいます。また、貸金業者からの借入総額が年収の1/3を超えてしまっていることも確認することができ、追加での借り入れが出来なくなることや利用限度額の減額といったことに繋がってしまいます。

契約更新時以外にも信用度を随時チェックされているため、信用度を損なったり、債務額が大きく増えることで返済能力に余裕がないと見做されることは日頃から注意する必要があります。