50万円を超える限度額での契約を行いたい場合

キャッシングは限度額制のことがほとんどで、その限度額が30万円という契約をした場合は30万円までの範囲で自由にお金を借りることができるシステムです。今日10万円を借りて、数日後に更に5万円を借りるという使い方ができます。

キャッシングの契約には本人確認書類が必須となりますが、この限度額が50万円を超える契約となると、多くの場合でそれに加えて収入証明書類の提出が必要になります。消費者金融では貸金業法によってそのように義務付けられており、銀行でもメガバンクでは自主的にそのような対応をとっています。

収入証明書類には、会社員の場合は会社からもらった源泉徴収票がそのまま利用できます。これを用意できない場合でも、直近の2ヶ月分の給与明細票で代用できるケースがあります。会社員以外の職業の人や、給与明細票が用意できない場合には、管轄の役所で課税証明書や所得証明書を発行してもらってください。これらは公的に収入を証明できる書類です。

また、この収入証明書類は50万円を超える金額を希望する場合だけでなく、特定の消費者金融では希望金額に関わらず必要になることがあります。例えばモビットに申込みを行う場合、WEB完結でなくても必ず本人確認書類と収入証明書類がセットで必要です。

このように、主に50万円を超えるような高額の希望時には収入証明書類は欠かせませんが、課税証明書や所得証明書は役所に行けばその場で発行してもらえるので、手元に本人確認書類しかない場合でも心配は要りません。