配偶者貸付を利用すれば主婦でもキャッシングを利用出来ます

2010年に貸金業法が改正され総量規制が導入されました。この総量規制とは個人が借入可能な金額を年収の3分の1に制限する規制で、例えば年収300万円の方は100万円に上限に借入が可能となります。ただし、この「借入」とは貸金業者からの借入を指しており、銀行のローンは対象外とされています。

この総量規制が導入されたこともあり大手消費者金融のような貸金業者は「本人に収入がない方」に対しては申込みを断るようになり、専業主婦の方がキャッシングを利用することが難しくなったと思われています。しかし、専業主婦方でも配偶者貸付を利用すれば今まで通りにキャッシングを利用することが出来るのです。

配偶者貸付とは専業主婦の為に設けられた総量規制の救済策となっており、主婦であることを証明することが出来れば、夫婦の年収を合計した金額の3分の1までを借入することが可能となります。この配偶者貸付を利用する為の条件には2種類あり、1つ目は年収額を合計する2人が夫婦であることで、2つ目は夫もしくは妻に安定した収入があることになります。

配偶者貸付を利用する際に必要となる書類には、妻の本人確認書類・夫婦であることを証明する書類、夫の同意書、夫や妻の収入証明書等になります。